「石工房」墓石・石の彫刻・インテリア・ストーングッズ

NAKANO Granite

葬儀-火葬


弔問・香典・供物
  • 知らせを受けたら、近親・知人・隣近所の人は悔みの言葉を述べます。
  • 親しい間柄なら手伝いを申し出ます。
  • 通夜に参列するか、玄関で悔みに参上した旨を告げるだけで辞去するかは、親疎の程度によります
  • すすめられれば、礼拝して冥福を祈ります。
  • 遠方または都合がつかないような場合は、電話か弔電を打って悔みを述べます。
  • 告別式の知らせを受けたらできるだけ参列するようにします。
  • 香典は、通夜または告別式当日に持参します。
  • 現金は、内包みして金額をしるし、外包みに御仏前(仏式)などとしたためます。
  • 宗旨のわからない時は、御霊前とします。
  • 白紙に黒白の水引きをかけたものを用いる方が無難です。
  • 水引きは、黒または銀(右)と白(左)の結び切りのものとします。
  • 中央下や左寄りに住所氏名をしるし、裏に小さく金額を記します。
  • 香典は袱紗ふくさに包んで持参し、祭壇の霊前に供えるか、受付に手渡します。
  • 香典以外の供物に、生花・花輪・菓子・くだものなどがありますが、故人が生前特に好んだ食物を供えるとよいでしょう。
  • 花は白い淡色で、あまり匂いの強いものは避けたいものです。
葬儀と告別式
  • 会葬者多数の場合は、近親者だけで葬儀を行い、ひき続き一般会葬者の告別式を行います。
  • 肉親だけで葬儀をすませ(密葬)、日を改めて告別式を行うこともあります。
  • 自宅・寺院・斎場などで行います。
  • 祭壇に向かって右側に遺族、左側に参列者が着席します。僧導師が祭壇正面に着席します。
  • 開会の辞の後、読経が行われます。
  • 導師の焼香がすむと、読経のうちに、喪主・遺族・親族・友人などの順序で焼香します。
  • 式場が狭い場合は、香と香炉を回す、「まわし焼香」をすることがあります。
  • 弔辞・弔電の披露で葬儀は終了します。
  • 告別式を行う時は、僧の席を脇に移して、中央正面を参列者の通路にあけ、遺族は脇に並んで、焼香の参列者に対して礼をします。
  • 焼香がすんだあと、一時僧侶が退場し、世話役が立って、閉式と会葬の礼を述べ、喪主も並んで礼をします。
線香・焼香
  • 線香はふつう二本あげるが、一本でもよく、一本を二本に折ってもかまいません。
  • 火は祭壇のろうそくの火から移してつけますが、炎が立った時には、口で吹き消さず、必ず片手で風を送って消します。
  • 焼香に際しては、左手に数珠を持ってまず僧侶と遺族に礼をし両手に数珠をかけて棺前で合掌します。
  • 左手に数珠をかけたまま右手の三本指で香をつまんで軽くいただいて香炉にくべます。
  • 焼香は一〜三回とし、再び右手を左手の数珠の中に入れて合掌します。
  • 僧侶と遺族に会釈して自分の席にもどります。
  • 葬儀・告別式が終了したら、火葬があります。
出棺
  • 供花で棺の中を埋め肉親や親しい者の手によって「くぎ打ち」といい、棺の蓋を小石で軽く二回ずつ打ちます。
  • くぎ打ちがすむと、棺は近親者や友人の手でかつぎ足を先にして、霊柩車に運びます。
  • 出棺に当たって、喪主または親族代表が会葬者に礼を述べ、一般会葬者は霊柩車の出発を見送ります。
  • 写真・位牌は近親者が持っていきます。
  • 「逆縁」になった配偶者や親は、火葬場まで行かないのが習慣です。
火葬
  • 事務所に火葬許可証を提示し手続きをすませます。
  • 棺を安置して、花を飾り、僧侶が最後の読経を行います。
  • 棺につき添ってきた人達は焼香をします。
  • 火葬は約一時間ほどかかるので、その間休憩所で待ちます。
  • 骨あげは足・腕の骨・腰骨・背骨・肋骨・頭骨と下半身から上半身へ、二、三片ずつ、箸わたしをしてつまみあげ、骨壷に入れます。
  • 最後に故人ともっとも血のつながりの濃い人が「ノド仏」を拾います。
  • 分骨の場合には、別に用意した小さい容器に分けて入れます。
  • 留守の者は、この間に祭壇を片づけ、遺骨を迎える準備をしておきます。
  • 火葬場から帰った者は、塩をふりかけ、手を洗って、けがれを清めます。
  • 遺骨は、机に安置し、写真と位牌を飾って線香をあげます。
  • 埋葬・納骨の日取りを決めます。
会葬の礼
  • 世話役から事務を引きつぎ、弔問会葬者の名簿によって、礼状を発送します。
  • 近ごろは葬儀場で退場する会葬者に、印刷をしたはがきを手渡す方法がふえてきました。
  • 世話役・手伝いの人には、よく礼を述べて、品物を贈るなどして、感謝の意を表わします。
  • 葬儀にあたり、特に世話になった人などには出向いて挨拶をするのが礼儀です。
  • 香典返しは、俗に半返しなどといい、もらった額の半分でよいとされています。
  • 香典返しは、四十九日までにはすませます。
  • 遺品を整理して、ゆかりのある人達に分けますが、これも三十五日か四十九日までに行いたいものです。
前のページへ 次のページへ

Google
WWW を検索 株式会社中野グラニットサイト検索
創業明治40年
株式会社中野グラニット フリーダイヤル 0120−28−0002