「石工房」墓石・石の彫刻・インテリア・ストーングッズ

NAKANO Granite

建墓(けんぼ)


時期
  • 墓を建てる時期にきまりはありません。
  • 一般では四十九日・一周忌・お彼岸・お盆などの節目で建墓をします。
  • 寺院に仏さまを預かってもらうこともできます。
  • 預かって頂いてもお参りは必ずしてください。
  • いずれは自分もそこで眠る場所ですので心がこもった建墓が必要です。
  • 墓地はあるのに緒事情ですぐに建てられない場合は、角塔婆を建て納骨し、供養します。
墓の相続
  • 使用権を取得しても課税の対象にはなりません。
  • 申告をする必要もありません。墓には原則として税金はかかりません。
遺骨がない
  • 事故などで遺骨が拾得できないなどは故人に緑のあるものを埋葬します。
  • 生前に愛用したもの・由縁のある地の土などもよいでしょう。
  • 遺骨にこだわることはありません。
分骨
  • 先祖と一緒に永眠する場合
  • 新しい墓地を作り、祖霊を身辺で供養したい場合。
  • いずれも遺骨がない場合はその地の土でも良い。
継承
  • 一般的には、長男が墓を受継ぎます。
  • 次男以下は新たに必要ですので別々の当主となります。
  • 兄弟でも、次男以下は本家の墓に埋葬することは本来ではありません。
  • 女子の場合は嫁いだところや実家の代々のお墓がご自分のお墓になります。
建墓責任者
  • 通常、相続人が施行主になります。
  • 兄弟姉妹などが連名で施工することはしません。
  • 経済的な理由で相続人以外が建墓責任者にならないようにしましょう。
建墓環境
  • 日当りがよい
  • 通風がよい。
  • 排水がよい。
  • 水汲み場がある。
  • 駐車場がある。
  • 衛生的。
  • 住居から近い。
その他
  • お墓をやむをえず動かさなければならない時は、菩提寺の僧侶によく相談してからにしましょう。
  • 墓の方位と向きにに吉、凶、禍、福があるわけではありません。
  • 墓の飾りつけは、その配置や構造で、吉凶ともなるので注意しましょう。
  • 墓樹は、松とか檜・槇・樒などの常盤木、あるいは灌木(かんぼく)、また山百合とか水仙などなどがいいとされます。
前のページへ 次のページへ

Google
WWW を検索 株式会社中野グラニットサイト検索
創業明治40年
株式会社中野グラニット フリーダイヤル 0120−28−0002