「石工房」墓石・石の彫刻・インテリア・ストーングッズ

NAKANO Granite

開眼供養


開眼供養
  • 開眼供養は新しいお墓ができたときに行うものです。
  • お墓が完成したらいよいよ納骨です。このときの供養が開眼供養です。
  • カロート(納骨堂)への納め方は陶器の骨壷をそのまま納める場合が一般的です。
  • 僧侶の読経の間に参加者全員が焼香します。
  • その後、全員で会食ということになります。
納骨法要
  • 既にお墓があって、そこに納骨する場合を納骨法要といいます。
  • 内容は開眼供養と全く同じです。
  • 納骨法要のときは、埋葬許可証が必要です。
  • 埋葬許可証は火葬した後に発行されるものでないと埋葬できません。
  • 埋葬許可証は寺院等へ、埋葬の際に提出します。
墓の改葬、移転
  • 墓を移転することを改葬といいます。
  • 改葬、移転など、遺骨を移し納める場合は法的な手続きが必要です。
  • 墓のある寺院等から、埋蔵証明書と、受入れ先から出してもらった受入証明書との二通を改葬前に提出する必要があります。
  • 改葬した墓も開眼供養をして下さい。
  • 古い墓は無縁墓となりますので「魂ぬき供養」が必要です。
魂ぬき供養
  • 墓地を整理して新しい墓を作るときも魂ぬき供養が必要です。
  • 不要となった墓は無縁の墓石になるわけですから、供養は必要です。
  • 整理の場合、同じ墓地内のことですから法的手続きは不要です。
建墓用語集
  • 板石(いたいし)墓石前面の敷石。
  • カロート納骨堂。
  • 機械彫り(きかいぼり)墓誌・墓碑を機械で彫刻すること。
  • 化粧目地(けしょうめじ)石と石の接合部をシックイ、モルタルなどでつないだもの。
  • 小叩き(こたたき)石面がざらついているもの。
  • こぶだし石面の緑と突出部との境界が不規則なもの。
  • 手彫り(てぼり)機槻彫りに対するもので、ノミで字を彫刻する
  • 天端(てんば)石の上面。
  • 塔婆立(とうばたて)墓石の裏側に塔婆を立てかけられるふうに作られたもの。
  • 根石(ねいし)外柵部分で土に接している石。
  • 拝石(はいせき)カロートのふた石。
  • 羽目(はめ)根石の上にある背の低い石垣や塀。
  • 本磨き(ほんみがき)石面を鏡状に仕上げること。
  • 目地(めじ)石と石の接合部。
  • 巻石(まきいし)墓域の境界線の境石のこと。
前のページへ

Google
WWW を検索 株式会社中野グラニットサイト検索
創業明治40年
株式会社中野グラニット フリーダイヤル 0120−28−0002