享年・行年・数え年・満年齢

 佛教(仏教)やお墓・墓誌(法名碑)に関する「年」にてよく耳にするのが享年・行年・数え年・満年齢です。当社では以下のように解釈しております。

 

数え年自動算出

冠婚葬祭、厄年、満年齢、数え年、没年齢、享年、行年算出
自動計算(半角数値で入力して下さい)
誕生日 西暦
算出日 西暦



満年齢 才(歳)です。
数え年 才(歳)です。

 

享年

 行年と意味は同様ですが、一般的に「数え年」を用い「才や歳」は付けません。

夭折(ようせつ)[夭逝(ようせい)とも、成人に満たない早世]には用いない宗教もあります。

 生後1年以内の場合は「一」とする場合もあります。

絶対的な決まりごとではありませんので「ご住職さま」にお聞きになられることをお奨め致します。

 

行年

 享年と意味は同様ですが、一般的に「数え年」を用い「才や歳」を付けます。

夭折(ようせつ)[夭逝(ようせい)とも、成人に満たない早世]には用いない宗教もあります。

 生後1年以内の場合は「一歳」とする場合もあります。

 絶対的な決まりごとではありませんので「ご住職さま」にお聞きになられることをお奨め致します。

 

数え年

 数え歳とも書きます。数えは母親の胎内に命を授かった時点で年齢を加算します。従って生まれた時に1歳となります。そして元旦を迎えた時に1歳を加算します。よって「○月○日生まれ」などの誕生日は意味を成さないことになります。年忌(ねんき)法要などは一周忌は除き三回忌以降はこの数えで行います。嘗ての旧暦は3年に1度、概ね1ヶ月の閏年がありました(現在の暦は4年に1度一日限り)そうした事から「数え年」が生まれたと考えられてます。

 

満年齢

 現在の日本の法律で定められている年。生まれた時が0歳から始まる数え方。一般的に使われる現在の年齢。書類に「満  才」と書いてあり答える場合は、そのまま現在の年齢を記入する。

関連キーワード

2016年10月02日|サポート情報:豆知識